yoshikawa

ハードからソフト、試作・実験から製品化・量産製造から部材調達、海外販売展開など技術を中心としたビジネス全般の情報をご紹介

   

技適対応激安 WiFiモジュール ESP-Wroom-02現る!

IoT(Internet of Things)…インターネットを利用した何か?に切り離せないのがスマホかタブレットです。

例えば、体温計や血圧計からデータを収集し、スマホを経由してサーバにデータを蓄積なんていう簡単なだれでも考える構成…

図にするなら…(汚なくてすみません)
IMG_1796

デバイス(いわゆる体温計とか血圧計)からのデータを(A)スマホを通してインターネットへ(B)デバイスから直接インターネットへ、という2系統考えられるわけです。
しかし、このときいつも引っかかるのが、この通信方法なのです。

まぁだいたい無線方式を選ぶわけですから、BluetoothかWiFiをデバイスに搭載するわけです。
それぞれにメリットデメリットがありますが、まぁ今は大体Bluetoothを選択するケースがほとんどだと思われます。

困ったちゃんのBluetooth

Bluetoothには、①BluetoothClassic ②Bluetooth Low Energy(BLE)の2種類があるのはご存知だと思われます。

BluetoothClassicの問題

BluetoothClassicは従来どおりのBluetoothで扱いも簡単でデータ通信もデータ垂れ流し方式を使えるため、速度もそれなりに確保でき計測機器などにも使いやすいものだったのですが、困った問題がひとつあるのです。

それは、iPhoneの問題です。
スマホを考えたとき、iPhone iPadは今のところ無視するわけにはいきませんね!

しかし、BluetoothClassicを使用した場合、iPhone iPadに対応しようとすると、Appleに認可をとらなくてはいけないのです。

そして、その認可の証に、チップ的なものを購入し、それをBluetoothに搭載しなくてはいけないというわずらわしさがあります。
これをAppleではMFIといいますが、まぁ大体この段階でBluetoothは半分以上諦めの境地です。

救世主に見えたBLE

ところがこれを解決してくれたのがBLE(BluetoothLowEnergy)という新しい企画なのです。

これは、iPhone iPadで使用するにおいても、このわずらわしい認可必要なく簡単にプログラムからコントロールできるようになりました。
しかし、結構残念なBLE….

BLEは従来のBluetoothのように大量のデータの垂れ流しという行為ができず、小さなデータをバッファリングしながらやりとりしなければいけないため、処理速度がでません。

また、なぜだか、Androidのスマホでは相当機種依存が起こり、動作しない機種が多く見受けられるのです。

本当にこまったもんです。

頼みの綱のWiFi

その点WiFiは機種依存もなにもないため扱いやすいのですが、まずはモジュールが高く組み込み使うにはコストでひっかかる!という問題がいつも出てきます。

また、デバイスに直接つながるようにするために、デバイス自体がアクセスポイントになってくれる必要があるため、その設定をどうやってさせるか?

まぁ、よしんばそこは解決したとしても、まぁまぁBLEに比べるとモジュールが高いんですね!

結局いつもZigBeeなんてところの話になりますが、結局コスト高で諦めます。

救世主のWiFi発見 [ESP-Wroom-02]

ESP-WROOM-02-1_500

パーツ販売のスイッチサイエンスで弊社の松尾君が見つけてくれた救世主はなんと864円です。
この値段でなんと日本国内で使用できる技適まで取得できています!

これは本当に中小企業・零細企業・開発会社のIoTの救世主になるかもしれません。

購入はアマゾンでもいけるようです。




 

早速2個購入しましたので、近々評価をしてレポートをお届けしたいと思います。

下記および上記写真:出展元 スイッチサイエンス様

特長

  • IEEE 802.11b/g/n に対応(2.4GHz)
  • 低消費電力の32bit MCUを搭載
  • 10bitA/Dコンバータを搭載
  • TCP/IPのプロトコルスタックを搭載
  • (H)SPI、UART、I2C、I2S、IrDA、PWM、GPIOなどさまざまなインターフェースを搭載
  • ディープスリープモード時10uA未満、電源オフ時5uA未満
  • 起動からパケット送信まで2ms未満
  • スタンバイ時消費電力 1mW未満(DTIM3)
  • +20dBm出力(802.11b使用時)
  • -40℃〜125℃
  • FCC、CE、工事設計認証取得済

仕様

  • 電源電圧 3.0-3.6V
  • 消費電流 平均 80mA
  • 対応WiFiプロトコル 802.11b/g/n (2.4GHz)
  • 18mm×20mm×3mm
  • Wi-Fi mode station/softAP/SoftAP+station
  • セキュリティ WPA/WPA2
  • 暗号化 WEP/TKIP/AES

 - ハード回路, 耳寄りな情報