kobayashi

20年に渡るWEB制作・コンサルティングの経験から診断テクニックやWEBアプリケーション開発の進行事例などをご紹介します。

   

Googleを知らなければSEO対策はできない!

OGB-INSIDER-BLOGS-GoogleLogox2-Animated-1 キーワード対策としてはgoogle対策といっていいほど検索エンジンにおけるGoogleのシェアは多くなっている状況です。
ここではSEO対策=Google対策というイメージでご紹介したいと思います。

Googleを対象とした場合、Googleはユーザー個人個人のニーズに適した検索結果を表示するよう機能向上しています。
従って、すべての「ユーザーが同じ検索結果を見ているわけではない」という認識は必要です。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」を意味する言葉で、当該Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行うための最適化施策を表した言葉です。
SEO施策を施すことでWEBサイトが検索を通じてビジネスに貢献できる媒体にさせることが最終目的となります。
すなわちSEO対策とはキーワード対策だけではなく、ユーザビリティ、アクセシビリティ、マーケティング力などWEBサイトの完成度を向上させえさせることになります。

Google対策

Googleは検索エンジンのアルゴリズムを公開していません。ここではさまざまなアナリストが伝えている情報をもとにご紹介します。
一つ、確実なことは、Googleに限らず、検索エンジン側の改善目的は、ユーザーの入力キーワードに対して如何に的確なサイトを提案するか?ということです。
しかし現在のGoogleアルゴリズムは単純な評価に留まらず、幅広い評価ルールでサイトの評価をしています。

Gooleアルゴリズム例

前述しましたように、Googleはアルゴリズムの内容を公表しておりません。その中でコメントや実証などで様々な人がアルゴリズムについて調査していますので、その中の一部をご紹介します。

サイトの更新

タイムリーな情報を提供することで、Googleに評価される可能性が大きいです。
Googleは、情報の新鮮さ評価することを推進しています。サイトの更新や新規コンテンツの追加だけで上位表示につながるわけではありませんが、重要な評価基準と考えられます。

サイトマップ

サイトマップは、検索エンジンのインデックス更新やコンテンツなどの更新の通知という視点でも検索エンジンへの情報提供の役割を持っています。

サイトのページ数

ページ数のボリュームはGoogle評価には繋がらないようです。はやり質の高いページを出来れば数多く更新することで、総合的に当該サイトの評価に繋がるようです。

IPアドレス

サーバーがある国とコンテンツ内容の国と関連性も評価情報として把握しているため、自分の国のサーバーを利用することが良いと考えられます。

SLL化されたページ

GoogleはSSL化されたWebサイトのSEO評価を優遇しますというコメントを発信しました。

とは言え、評価全体の1%ということなので、現時点では大きな影響はありませんが、今後も強化していくということですので、対応することで年を重ねる毎に効果が大きくなる可能性が考えられます。

サイトに対する信頼性

サイトの信頼性を判断するものとして、

  • プライバシーポリシー
  • 住所、フリーダイヤルなど会社の概要情報
  • コピーライト表記
  • 問合せページ、電話番号と住所、運営者の名前

メタ情報の重複

タイトルタグやメタディスクリプションが重複している場合、重複と判断されて検索結果に表示されないページが発生する可能性があります。

画像の対応

画像の内容をテキスト情報で伝えるために画像のファイル名、alt属性、画像周辺の文章を感染制のある内容にすることが必要です。

まとめ

上記以外にGoogleでは様々な判定ルールを使い、あらゆる切り口でWEBサイトの評価をしています。評価内容は日進月歩で進んでいるでしょう。

WEBサイトの性質、例えばショッピング、学術、企業、ビジネスの性質によって、重要な対策は異なりますので、WEBサイトの性質と対策をしっかりと検討してください。

 - ログ解析