hirakawa

ERPパッケージや業務ソフトの活用とカスタマイズ事例紹介や企業の基幹システム有効利用のご相談など

   

これは簡単!EXCELを使った重複データの整理 | 文字列操作(CONCATENATE/&)の有効活用

WS000134

顧客リストなどを整理・作成する場面で、名前や住所等、EXCELで別れたセルに登録された文字を、一つのセルにまとめたい場面はよくありますよね。
もちろん、コピー&ペーストで1件づつ手作業で、データを繋ぐ事はできますが、何とも手間の掛かる作業です。
今回は、EXCELの数式を使って簡単に複数のセルの文字列を1つにまとめる方法を2つご紹介します。

数式を使って複数のセルの文字列を1つにまとめる

CONCATENATE関数を使って姓・名をひとつにまとめる

EXCELで複数のセルの文字列を1つにまとめる方法を、姓・名に別れた氏名を一つにまとめる例でご紹介します。
関数を使用する場合、CONCATENATE関数を使用します。

関数の記述方法は、=CONCATENATE(文字列,文字列、….) となります。

例)  =CONCATENATE(A2,A3)

WS000117

姓名がひとつのセルにまとまりました。

セル以外の文字列も一緒にまとめる

では、このリストで、姓・名の間に全角空白を1文字配置し、氏名の後ろに「_様」をつけてみましょう。
全角空白は” ”と記述しますので、以下のように数式を記述すればOKです。

例)  =CONCATENATE(A2,” ”,A3,” 様”)

WS000118

関数を使わないで姓・名をひとつにまとめる方法

しかし、このCONCATENATE関数、関数名が長くて覚えにくいと思いませんか?

そこで、もっと簡単な記述方法をご紹介しておきます。

それは「&」です。

=「セル」&”文字列”&…..とすると、指定したセルの文字列や任意の文字列を繋げて表示できます。

WS000119

CONCATENATE関数を使用した場合と、同じ結果が得られます。

 

 - OFFICE活用事例