hirakawa

ERPパッケージや業務ソフトの活用とカスタマイズ事例紹介や企業の基幹システム有効利用のご相談など

   

Dream21の発注機能で対応できないチェーン店発注システムをアドオンで開発した事例

-shared-img-thumb-CSS_callcenter1292_TP_V

店舗数の多いチェーン店では、商品発注をそれぞれの店舗が直接仕入先に行う事は少なく、本部でまとめて注文を行います。
これは、以下のようなメリットがあるからです。

・店舗の事務作業を軽減する。
・スケールメリットを活かして仕入コストを低減する。
・商品の規格・品質の確保

Dream21 外食チェーン店舗発注アドオン開発事例

発注業務の実態は?

店舗・本部の役割例

店舗は現在の在庫数と今後の売上予定から商品毎の発注数を決め、オーダーシートを作成し本部に送付します。
オーダーシートには、商品の一覧が予め一覧になっていて、注文したい商品の発注数を記入します。

本部は、店舗の発注情報をまとめて

・発注を忘れている店舗がないか
・取扱の終了している商品を発注していないか
・発注数量が妥当か

などをチェックし、発注する商品を仕入先毎にまとめて仕入先に発注します。

発注方法の例

本部から仕入先への発注方法は概ね以下の方法があります。

・FAXによるオーダシートをの送付する方法
・メール/EDIを使用した発注データ送信する方法
・仕入先のWEBシステムに発注数を登録する方法

WS000080

店舗の発注データを本部に集約し一括発注を行う

店舗側のシステム

Dream21には標準機能で発注入力処理がありますが、店舗で運用するには、以下の様な問題がありました。

1.仕入先毎に商品はコード入力で登録する方式なので、発注する商品の登録に漏れや間違いが発生する。
2.商品と仕入先が紐付いていないので、発注したい商品を違う仕入先に発注してしまう。
3.入力作業の事務負担が大きい。

これらの問題を解決するため、オーダーシート型の入力画面をアドオンで開発しました。
開発した発注入力画面では、発注先を指定すると、その発注先に注文できる商品の一覧が表示されます。また、前回の発注内容を参照できる機能も実装しました。

WS000077

本部側のシステム

本部は、各店舗が発注日に忘れずに発注しているかを一覧で確認でき、発注内容の確認ができる様な画面を作成しました。

WS000078

また、廃番等で発注出来ない商品を誤って発注しないよう、本部側のマスタに非表示区分を設定し、店舗の発注入力での表示/非表示をコントロールできるようにしました。
仕入先への発注は、仕入先の要望に対応できるように3パターンに対応しました。

・EDI送信

発注データをcsvデータに出力し、サーバ側のEDIシステムで1日複数回自動的にデータを転送します。(主に食材系の仕入先)

・メール送信

発注データをcsvデータに出力し、夜間自動でメールに添付し仕入先に送信するアドオンを組込みました。(主に備品系の仕入先)

・FAX送信

発注表をEXCELで出力できるようにし、各仕入先にFAX送信します。送信処理は本部オペレータが手動で行います。(EDIに対応していない小規模な仕入先)

まとめ

システム導入により店舗の発注ミスが激減し、約200店舗からの発注処理は1名の本部スタッフで管理できるようになりました。

EDIに対応した事で、EDI使用発注先については納品データもEDIで提供される事になり、仕入伝票の登録についても自動化が図れました。

 - PCA Dream21, PCA製品の事例